記事一覧

2016.10.11 Visio エディション-2016/2010/2013 StandardとProfessional

マイクロソフト社は2015年11月に新しいVisio2016エディションを発表し、最新エディションのVisioは完全にVisio 2010とVisio 2013など古いエディションで作成されたファイルに対応し、Visio StandardとVisio Professionalの2つのエディション以外、新しいVisio Pro for Office 365エディションも含まれています。

Visio for Office 365とVisio Professionalの機能が全く同じだが、最新サブスクリプション方式(月間又は年間契約)の場合、5台のWindows 7又はWindows 8にインストールできるようになりました。サブスクリプション版価格:¥1,690ユーザ/月、¥1,410ユーザ/年。

Visio Professionalは従来のプロジェクトキーによりアクティブ化を行うため、アクティブ化後、永続に使用できますが、一台のPCにしかインストールできません。Visio Proの場合、永続使用プロダクトキーの購入価格は71,800円です

Visio 2016 Standard(std)エディションは主に強力な図面作成機能と豊かな内蔵パターンを求めるユーザに向きます。

Visio 2016 Professional(pro)エディションはStandard 2013エディションの全ての機能を備える上、図形とステンシル更新、チーム協力機能強化及び図をデータにリンクさせる機能も入っています。

同時発売されたのはVisio アカデミックエディションであり、その機能はVisio Professionalと同じです。

販売価格は37,800円です。学割価格で購入する場合、購入にあたって在学証明書或いは教職員証明書を提示することです。

VisioはOfficeシリーズのその他製品と同じく無料評価版が提供されており、簡単な手続きにより60日間の評価版プロダクトキーを取得できます。本文では無料評価版を取得する方法を詳しく説明します。

2016.08.10 Windows Server 2012 R2 仮想化(Hyper-V)価格比較·購入方法-インストールとライセンス認証

Windows server 2012 R2 最新版ダウンロード•価格•購入プラン

Windows Server 2012が2012年発売以来、マイクロソフト社の仮想化分野におけるHyper-V3.0の輝かしい実績は、メディアから高く評判されています。マイクロソフト社が市場の新たな有力競争者となり、収益も大いに向上し、2014年末まで、Hyper-Vは大部分の市場シェアを占めています。 Windows Server 2012は4つのバージョンに分けられます:Datacenter,Standard,Essentials及びFoundationです。そのうちFoundationはOEMメーカーにのみ向けます。

Windows Server 2012は4つのライセンスバージョンが選択可能です。

Datacenterバージョンは完全機能のフラッグシップバージョンであり、主に高度仮想化とミックスクラウドを必要とする企業ユーザに向けます。価格は4,809ドルで、ユーザの処理データ量とユーザエンドのアクセスライセンス数次第の料金制度になっています。

Standardバージョンはサービス密度の低く、或いは仮想化を利用しないビジネスユーザに向けます。完全機能を提供するが、バーチャルマシンのインストールライセンスが2台にしか使用できません。価格は882ドルで、ユーザの処理データ量とユーザエンドのアクセスライセンス数次第の料金制度になっています。

もう一つの選択肢として、Essentialsバージョンは小型企業ユーザに向けます。ベーシックなインタフェースとクラウドサービスを提供するが、仮想化プラットフォームのライセンスを提供しません。価格は425ドルで、ユーザアカウント数は最大25です。最後のFoundationバージョンはOEMメーカーにのみ向けます。ベーシック機能を提供し、最大15のユーザアカウント利用可能で、価格未公開です。

DatacenterバージョンとStandardバージョンの機能は同じだが、唯一の差はバーチャルマシンの使用数制限にあります。ユーザはVMの需要に応じて必要なバージョンを選択して良いです。
http://blog.livedoor.jp/mswin2012_download/

2015.01.03 あけましておめでとうございます

今年もあけました。どうぞよろしくお願いします!

またお知らせが大変遅くなってしまいました。
昨年秋にリリースされた【GhostTreat】という3連鎖のパズルゲームアプリです。
( iOS 7.1以降。iPhone、iPadおよびiPod touch対応。)
ファイル 22-1.jpeg
キャラクターデザイン等グラフィック関連を担当しました。
当フォントのユーザーの皆様はピンと来るかと思いますが、ピースデザインはEvilzが元になっています。ライフは時間で回復しますので、のんびり遊べば課金なしでも楽しめます。良かったら遊んでみて下さい!
https://itunes.apple.com/jp/app/ghost-treat/id926167091?mt=8
ちなみに自分はトロいのでクリア出来てません。

2014.09.25 新制作展

お知らせ遅くなってしまいましたが、新制作展に出品しています。
制作途中に崩落してしまった事もあって、もうダメかも!のパート3くらいを乗り越え、結構燃え尽きました・・・だから白いって訳じゃないです。
ファイル 21-1.jpg
国立新美術館近くにお出かけの際には、御立ち寄り下さい。29日昼までです。

2013.09.05 陽だまり

ファイル 20-1.jpg

石膏の凛とした冷たさとは対照的な暖かく、陽だまりのようなテラコッタは、やっぱり気持ちが落ち着きます。

実は、造る途中まで石膏もテラコッタも同じなんです。
(天然土で成形するまでは工程として同じ)
石膏の場合は型取り後、粘土を抜いて石膏に置き換えるのですが、置き換わる時、土にちょっぴり魂を残してくるような気がします。もちろん、石膏は生の粘土と違って独特の美しさがあります。粘土の灰汁が抜けたような、洗練されたような感じです。

テラコッタは、完成したら中身だけくり抜いて、そのまま焼きますので、土に混じった汗も、あたりを浮遊している猫毛も閉じ込めて、私のDNA入りの土の魂という感じです。

2013.07.27 SCULPTORS×POWERS

ファイル 19-1.jpg
六本木画廊
The last exhibition「SCULPTORS×POWERS」に参加します。
2013.7/31(水)〜8/10(土)12:00〜19:00

このブログの下の方にある「きなこ」を出品しています。きなこは非売ですが、その他小さな猫彫刻も2点ほど出品しますので、宜しかったらお立ち寄り下さい!

http://roppongi-gallery.jp/

右「振り向く」/左「待つ」 スペイン天然土。
ファイル 19-2.jpg

2013.07.26 17年。そして100万アクセス。

クラゲジルシエヌプラスを開設して17年経ちました。はやい!
そして気付くとカウンタは100万アクセスを超えています。
こんなに沢山の方々に来て頂き、ありがとうございます。
1996年、当初クラゲは猫好きやマカー達が集うチャットと掲示板メインのサイトでした。そのうちアイコンや壁紙のダウンロードを開始し、絵フォントを初リリースしたのは98年の事です。まさかこんなに永くご愛用頂けるとは思いませんでした。嬉しい限りです。
ファイル 18-1.jpg
当時の旧サイトトップ。クラゲが元気に+を回していました。

最後に【Wa】フォントをリリースしてから10年が経とうとしています。これを機会にシェアウェアだった【Efood】と【Wa】を今後フリーウェアとして無料配布する事にしました。
今までお買い上げ頂いた皆様にはちょっと申し訳ない気持ちもあります。この場にてお礼申し上げます。本当にありがとうございました!
もうフォントを作る事も無いと思いますが、フォントファイルは使える限りは置いておきますので、ご愛用頂ければ幸いです。

※良い機会だったので、古いアーカイブを削除して、すべてzip形式にしました。
最近常にウッカリしているので、不具合がありましたらContactのメールフォームよりご連絡お願いします。

2013.07.08 六本木幻想動物園

ファイル 17-1.jpg
六本木画廊企画の「六本木幻想動物園vol.2」に出品します。

ファイル 17-2.jpg
動物園なのに猫という。ね。
2013/7/11(木)〜20(土)12:00〜19:00
(最終日は17:00)
13日は少々在廊予定です。
国立新美術館のそばです。宜しかったら足を運んでみて下さい。
http://roppongi-gallery.jp/

2013.01.01 新年

明けましておめでとうございます!

アクセス集計もしていませんが、こんな更新の無いブログを読んで下さっているのは少数の方でしょう。そんな少数の方に感謝しつつ、新年を迎えます。

今、大きな絵を描いてます。
平面の集大成になるように。これが終わったらまた立体も造り始めたいと思います。
テンペラと油彩の混合技法に挑戦してますが、技法が確立されているとはいえ、初めて扱う顔料や支持体に試行錯誤でとまどいつつ、ハッチング・グレーズの繰り返しです。
立体でも平面でも、作っては壊しまた作って壊して完成に近づく、なんだなぁと今更ながらに深く思います。制作過程で壊すのにためらいを感じちゃうと、きっと良い作品にはならないんでしょうね。でも自分が気に入った部分や、思い入れの強い部分があると、壊せなくなっちゃいます。そんな作品を壊すのは、なかなか勇気が必要です。

一枚目写真は年明けのももじ。
ファイル 16-1.jpg
きなこは昨年夏に他界しました。
二枚目写真は、そんなきなこがモデルになってくれて、最後に造った彫刻です。
ファイル 16-2.jpg
ありがとうね、きなこ。

2012.03.26 膝の上のももじ

ファイル 15-1.jpg

長いことぐっすり丸まっていたので、そーーっとスケッチブックに手を伸ばした。コンテとボールペンなのだけれど、フィキサチーフかけたらボールペンの部分が紫色に滲んだ!しまったと思い、さらにコンテでごしごししてたらクロッキーって感じじゃなくなっちゃった。
そうそうフィキサチーフは猫が吸い込まないように気をつけましょう。

ページ移動